読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時遊人 誕生

今日もどこかで時遊人 (^^♪

ヤマト運輸がLINEと提携!LINEとスマホを利用した無料の新サービスをスタート

 

「 ヤマト運輸」が無料対話アプリ大手の「LINE」と提携して宅急便がますます便利になるそうです!!

 

 

 

f:id:phoenixflap:20160116012642g:plainf:id:phoenixflap:20160116012632g:plainf:id:phoenixflap:20160116012618g:plain

 ヤマト運輸 HPより  

 

概 要

2016年1月19日(火)昼ごろにヤマト運輸」LINE公式アカウント が開設され、スマートフォンスマホ)を利用した新サービスがスタートします

 

ヤマト運輸クロネコメンバーズのクロネコIDと「LINE」が連携し、公式アカウントのトーク画面で「お届け予定メッセージ」と「ご不在連絡メッセージ」が配信されます。

 

さらに、荷物の問い合わせ、集荷・再配達の依頼や料金・お届け日検索などもLINE から「ヤマト運輸」のホームページに移動して利用できるようになります。

  

www.kuronekoyamato.co.jp

 

 

 

LINE を使った新サービスを利用するには?

この新サービスを利用には「ヤマト運輸」の会員制サービス「クロネコメンバーズ」の登録が必要です。

 【参考】クロネコメンバーズとは


2007年11月に開始した、入会費・年会費・利用料無料の個人の方を対象としたヤマト運輸の会員制サービスです。

宅急便を送る際に、送り状を手書きする手間を軽減する「らくらく送り状発行サービス」や「送り状発行システムC2」、お得に宅急便が送れる「クロネコメンバー割」、荷物のお届けをお知らせする「お届け予定eメール」、ご不在時にお届けに伺ったことをお知らせする「ご不在連絡eメール」など、便利でお得なサービスを提供しています。
クロネコメンバーズサイト:https://cmypage.kuronekoyamato.co.jp/portal/entrance

ヤマト運輸 HPより

 

1. 現在すでに「クロネコメンバーズ」の方

 

 ① LINE を利用していない方はアプリストアから LINE をインストールする。

 

 ②2016年1月19日(火)に開設される「ヤマト運輸」LINE公式アカウント の友達になる。

 

 ③「ヤマト運輸」LINE公式アカウント で クロネコID  を連携すると利用できる。

 

2. 「クロネコメンバーズ」未登録の方

 

 ① LINE を利用していない方はアプリストアから LINE をインストールする。

 

 ②2016年1月19日(火)に開設される「ヤマト運輸」LINE公式アカウント の友達になる。

 

 ③「ヤマト運輸」LINE公式アカウント のアカウント連携画面から「クロネコメンバーズ」の新規登録をする。

 

 ④「ヤマト運輸」LINE公式アカウント で クロネコID を連携すると利用できる。

 

 

LINE で利用できるサービス

 

1.「お届け予定メッセージ」と「ご不在連絡メッセージ」

2. 荷物の問い合わせ

3. 集荷の依頼

4. 再配達の依頼

5. 配達日や場所の変更

5. 料金・お届け日の検索

 

 

ユーザーのメリット

 

1. 荷物を受け取るお客さまに、お届け予定日時の事前通知や、お届け時にご不在だった場合の通知を、普段利用している「LINE」のメッセージでお知らせする。

 

2. 上記のメッセージからお届け日時や場所を簡単に変更でき、好きな時に、好きな場所で荷物を受け取れる。

 

3. 荷物問い合わせや集荷・再配達の依頼、料金・お届け日の検索が「LINE」からできる。

 

 

料 金

 

新サービスの利用料金は 無料

(注)「LINE」は無料アプリケーションであり、「ヤマト運輸」LINE公式アカウントの各メニューも無料ですが、ダウンロード時や利用時には通信料金がかかります。

 

 

今後の展開

ヤマト運輸は LINE を利用したサービスを今後ますます拡充するとしている。

 

2016年夏には LINE を使って荷物の送り状を作成できるサービスも始めたい。

従来、住所録を見ながら手書きをするのが当たり前だった宅急便の送り状を LINE の画面上で簡単に作成できるようにし、

作成した送り状をヤマト運輸の直営店やコンビニエンスストアの店頭端末、集荷に来たセールスドライバーが持つ端末などから印字できるようにする。

 

さらに将来は LINE でメッセージを交換している相手には、住所を知らなくても宅配便を届けられる仕組みも整える。

 

このように日頃から LINE を利用している宅急便ユーザー向けに、宅急便を“送る”“受け取る”が LINE の中で完結する、より利便性の高いサービスを提供していく方針である。

 

 

ヤマト運輸 にとっては 留守宅への再配達を減らしてコスト削減になるでしょうし、

私たちユーザーにとっては 身近なサービスが ますます 便利になっていくのは本当にありがたいことです。

 このように 「WIN」「WIN」 の素晴らしいサービスは大歓迎ですね!!


 

ヤマト運輸が「LINE」を活用し、宅急便をますます便利に | ヤマトホールディングス

  

www.nikkei.com